手術しました

ここ数年でやたら扁桃腺が腫れて40度近く熱が出るようになったので、扁桃腺を取ってもらいました。
手術を検討している人には役に立たない自分のための備忘録です。


入院1日目(手術前日)
インするだけなので暇を持て余す
診察が一瞬で終わり(しかも代診)不安になる

入院2日目(手術当日)
さすがの私も緊張してほとんど眠れず
変な手術着に着替える
ちょっと動くと手術着のマジックテープがバリバリ音を立てて前後ろが剥がれるので焦る
手術室までは歩いて行き、自分で手術台にあがる
手術台は割とコンパクトだったから自分の体が乗るかドキドキした
全身麻酔はすぐに頭がふわっとして、その瞬間「これはあかん」と悟る
目を開けたまま意識を失ってはいけないと思い、目を閉じる→声をかけられ気付けば終わっていた

その時に「ありがとうございました」と「あっという間でした」と言った気がする
(記憶が曖昧で、他にも変なことを口走っていないか後から不安になった)

次に目が覚めたら病室だった
痛みはまあ耐えられるくらいで、しばらくネバネバした痰をひたすらティッシュに吐き続ける
血はほとんど出なかった
取った扁桃腺は私には見せてくれなかった
全麻後や痛み止めの点滴からくる吐き気もなかった
丸1日ぶりのご飯は五分粥で、まさかの梅干がついていた
喉を切った日に梅干を出してくるなんて狂ってると思った

入院3日目(術後1日目)
眠くて1日中ウトウトして過ごした
痛みは酷い時の扁桃腺炎くらいかな?といった感じで慣れたものだった
ご飯にオレンジが出た
術後1日目でオレンジを出してくるなんて狂ってると思った

入院4日目(術後2日目)
眠くて1日中ウトウトして過ごした
常食にパワーアップした
点滴がついに外れ、シャワー可に
喉の状態、回復具合はかなりいいらしい
けど、なにがあっても一週間はここから出られませんからねと言われる

入院5日目(術後3日目)
乾燥からか朝が一番痛いし耳まで地味に痛い
朝の訪問診療(違う)で、「暇?」と聞かれたのでうなづくと「1日早いけど明日退院する?」と
昨日と言っていることが違うと思った
ずっと寝ていたので屋上で歩いてみたら歩き方がなんだかぎこちなくなっていた
お昼ご飯の時に焼き魚用の醤油が出たので食べてみたらすんげえしみた
10分くらい喉がジンジンしてつらかった
夜ご飯にも冷や奴に醤油が出たので狂ってると思った

術後4日目
1日繰り上げての退院かー
早かったな…

よかった点
・個室
差額ベッド代がかかるものの、大部屋だと神経をすり減らし続けてストレスフルで気が気じゃなくなりそうだったので
個室はトイレシャワー洗面台付きで、テレビも冷蔵庫も使い放題で快適だった
特にベッド横に洗面台があるのが今回の入院では有難かった
お粥をたべるときの必須アイテムで大活躍だった
・パーカー
いらないかなと思ったけれど、なんだかんだ日中は羽織っていた

悪かった点
・インフルエンザ流行期のため面会禁止で誰とも話せなかった
さすがにいつも一人で過ごす私もキツかった
・説明が淡白
・医者と患者のコミュニケーション不足
全体的に分かってるよねって体で話をしてくる印象だった
説明があってもなくても手術することに変わりはないし手術をしなければいけないと思っていたので何も聞かなかった
こうやってコミュニケーションを絶ってしまって聞かない私も悪いのだろうけれど、患者側としては何もかもが未知で分からないから、漠然とした中で何を聞けばいいかも分からなくて、もう少しアプローチしてくれてもよかったんじゃ!?っていうワガママ

いらなかったもの
・ゼリー
経験者はみな術後しばらくは食べられないと言っていたので準備したが、私の場合はご飯が食べられた
・箱ティッシュ
消費が激しいと聞いていたので張り切って5箱準備したけれど2箱しか使わなかった
・タオル
同上(多く持ちすぎた)
・冷えピタ
術後も微熱程度しか出なかったため
・DVD
普段見ないのに見るわけがなかった

わかったこと
・人に寄り添う医療の大切さ
・勤務医の多忙さ
・多職種連携の重要さ

総括
扁桃腺切除は術後がものすごく痛いと聞いていたので
相当覚悟していたけれど、術後の経過も良好で痛みも軽く、常食が食べられる私はラッキーだったのか
無事に終わって本当によかった
手術してくださった先生有難うございました

うがい手洗いは徹底して、寝るときは必ず加湿器とマスクをつけ、疲れを溜めないように気をつけていても扁桃腺は腫れ、高熱でダウン
遊びの約束を入れていても急に扁桃腺が腫れるので、直前に断ってしまうことが多々あった
2ヶ月に1回ペースで仕事を休み、申し訳なさで胸が押しつぶされそうになった
友達にもドタキャンばっかりって思われているんじゃないかって、不安で泣いたりもした
少しでも疲れるとすぐ扁桃腺にくるので、休みの日はあまり出かけないようにした
精神的にすごく辛かった
これからはこういった心配ごとが減るのかなと思うと、肩の荷が下りてホッとした気持ちです